iPad Air4を4Kモニターにつないでみた感想・レビュー

デバイス
Natsu
Natsu

2022年1月に購入した4KモニターをPC接続以外にも活用したいと思い、iPad Air4に接続してみました。

今回はiPad Air4を接続してみた際の動作や使い勝手の感想を記載します。

家族など数人で映像や写真を見る際にiPadでは小さいですよね。

PCを立ち上げるにはちょっと時間がかかるし、

手間だな!! もっと簡単に見たい!! という場合はモニターにiPadを接続して鑑賞するのが良いと思います。

PCライクにも使用できるiPad活用法として紹介します。

created by Rinker
¥93,378 (2022/10/02 15:27:51時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

4Kモニターの活用

以前の記事で、購入した4Kモニターを紹介させて頂きました。

【在宅勤務にオススメ】エルゴトロン LX モニターアーム、DELL S2722QC 4Kモニターの感想・レビュー
高コスパの4Kモニターと使い勝手の良いモニターアームを紹介します。 在宅勤務時の効率向上のため、4Kモニターとモニターアームを購入しました。 限られたスペースを有効活用するにはモニターアームは必須ですね。 大画面27インチ 高精細4Kモニターにより作業はサクサクです!! DELL S2722QCはかなりオススメです。

モニター自体はDELLのS2722QC 27インチを利用しています。

HDRは付いていないですが、鮮やかで美しい映像で大満足の4Kモニターです。

こちらのモニターに決めた理由のひとつがUSB Type-Cが利用できるからです。

その他にもスピーカー付き、三辺ベゼルレスなどもかなりポイント高いです。

USB Type-Cとは

ご存じの方も多いと思いますが、簡単にUSB Type-Cについて説明します。

USB Type-Cは今までのUSBとは違い、上下左右が対象になっており、向きを気にせずに挿すことができます!!

このUSB Type-Cにもさまざま規格が存在します。

ものすごくザックリしたカンジですが・・・

USB規格規格別名 転送速度
理論値
給電能力
USB2.0480MbpsType-C Current対応
15W(5V 3A)
USB3.0USB 3.1 Gen 1
USB 3.2 Gen 1
5GbpsType-C Current対応
15W(5V 3A)
USB3.1USB 3.1 Gen 2
USB 3.2 Gen 2
10GbpsUSB PD対応
15~100W

より新しいものでは、USB3.2、USB4があります。

紛らわしくしている部分は規格名称と別名部分ですね。

私もGenの部分の数字が大きければ、スペック的には上位ぐらいでしか覚えていません(笑)

USB3.2だとGen2×2なんて表記もあります(笑)

手持ちのUSB Type-Cケーブル

手持ちのType-Cケーブルはこんなカンジです。

  • Galaxy S20 付属ケーブル
  • iPad Air4 付属ケーブル
  • 4Kモニター 付属ケーブル
こちらをメインに使用しています

その他、出先で急遽購入したモノなどありますが、メインは上記です。

iPad標準の充電器では20Wなので、より高出力・急速充電を求める方もいると思います。

我が家ではPCの充電もできる(~65W)こちらの製品を利用しています。これはけっこうオススメです。

ELECOM ノートPC用ACアダプター Type-C PD対応 65W ケーブル一体型 2m ブラック

iPad Air4のインターフェース仕様

iPad Air4はUSB Type-C対応となっており、USB PDによる急速充電やオルタネートモードによるDisplay Portプロトコルに対応しています。(Thunderboltは非対応)

Display Portでは4Kまでの出力が可能です!!

購入したモニターにピッタリじゃん!!

ということで、手持ちのケーブルでさっそく接続してみますが

S20のケーブルとiPad純正ケーブルではモニター画面に「USB Type-Cからの信号がありません。」の文字が、、、。

純正ケーブルたちはオルタネートモードに対応していなかったのでしょう、、、残念。

4Kモニターに付属されていたケーブルは当然対応しているので、そちらで接続することでモニターへの出力が可能となりました。

4Kモニター付属ケーブルは曲がりにくく、純正ケーブルが対応していると有難かったのですが、、、。

モニター付属ケーブル:Gen2で5AのPDに対応していることが分かります

アプリごとの動作

接続してみるとこんなカンジです。

4Kモニターはアスペクト比が16:9なので、iPad Airからの出力に合わせると

両端が切れてしまいます。ちょっと残念ですよね。

iPadの画面サイズに合ってしまうのは残念

動画アプリを起動し、全画面表示を行った際にどのようになるのか試してみました。

  • YouTube  → 全画面表示にならず
  • Abema TV → 全画面表示にならず
  • Disney+  → 全画面表示になります
  • Netflix   → 全画面表示になります

Disney+とNetflixが全画面表示になり、大画面で映像を楽しむことができました。

また、iPad標準の写真アプリでも、写真を拡大すると4Kモニター全体を使った表示することが可能になります。

我が家では、ダイニングテーブルにセットしているのですが、食事の際などに家族でYoutubeのNEWSなどを見ています。

その他 Type-C活用方法

おまけにiPad Air4のType-C活用方法です。

Type-C接続で外部SSDの操作やスマホへの充電を行うことです。

外部SSDの操作はファイルのアプリケーションから簡単に扱うことができるので、大変オススメです!!

また、外勤でスマホのバッテリーがちょっと足りなくなってきた時、大容量バッテリーのiPad Airから給電できるのは助かりますよね。

私はType-CからType-A変換のUSB HUBを使用しています。同時にいろいろ使用できて便利ですよ。

安かったので、下記のHUBをカバンに忍ばせています。

created by Rinker
¥2,013 (2022/10/02 17:11:27時点 楽天市場調べ-詳細)
大容量SSDやスマホの充電に使用できます

まとめ

iPadからモニター出力はそこそこ便利ですね。

冒頭でも記載したように

家族でちょっとした映像や写真を見ることや、iPadをPCライクに使用したりすることもできます。

画面の両端が切れてしまうことは残念ですが、ケーブル一本で充電と映像出力が可能になることは大変便利です。

created by Rinker
¥93,378 (2022/10/02 15:27:51時点 楽天市場調べ-詳細)

今回もご覧頂き、ありがとうございます。

次回も宜しくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました