【30代の転職活動】~その⑤:転職後数カ月編~

その他
Natsu
Natsu

昨日、何とか仕事納めをすることができました。

転職して、数カ月経ち、働き方や生活パターンが大きく変わりました。

本日はこのあたりについて話したいと思います。

その③④は温めておりますので、後日に。

スポンサーリンク

転職して良かった点

結果から言うと、転職して正解でした。

条件をすべて満たすものではありませんでしたが、前職の業務内容を活かし、より高度な仕事ができていると思っています。

良かった点
  1. 残業時間の削減
  2. 職種の微妙な変化
  3. 優秀な人が多い職場

良かった点とすると、上記になります。

1.残業時間の削減ですが、前職では70~80時間/月程度の残業をしていました。

現状では20時間程度になっています。

この差は何か、、、業種と職種です。

業種と職種によって残業時間はだいぶ違ってきます。

残業時間の少ない業種、職種に転職できたため削減することができました。

自分自身ができるコト、やりたいコトを考えて、残業時間の少ない業種、職種をすり合わせていく、

そんな転職先探しもアリだと思います。

【全90職種】残業の少ない仕事・多い仕事は? 平均残業時間ランキング最新版
dodaの平均残業時間の少ない職種、多い職種TOP20のランキングを紹介する記事です。コロナやテレワーク・リモートワークがあらゆる仕事の残業時間にどんな影響を与えたのかを説明しています。

dodaさんのHPでは、上記のようにランキング形式になっており参考になりますね。

私が前職働いていたビルのテナント入っている階は夜中でもガンガンに明るかったです(笑)

2.職種の微妙な変化ですが、最初に就いた職種はとても気に入っていました。

とてもやりがいがあり、広く、深く、一生かけて突き詰めるに相応しい職種だったと思います。

ですが、その分、何かの歯止めがないとトコトン時間を使ってしまうような内容でした。

転職後はベースとなる知識は同様ですが、少しマネジメント側、研究的な分野にズラしたカンジです。

全く未知の分野に足を踏み入れる勇気はありませんでしたし、いきなり踏み込んでも稼げないことは目に見えているので。

なんだか『ズラした』というよりも、、、『拡大させた』という方がしっくりくるかも。

3.ですが、研究系の職場ってカンジで、理論立ててきちんとストーリーを作って話す方が多いです。

考え方や行動力に驚かされることも多々あり、とても勉強になっています。

前職でも優秀な方は多かったですが、ちょっと質が違います。

前職の場合は、熱い体育会系というか、ガッツで乗り切るという雰囲気でしたが、現在の職場は少しクールなカンジです。

どちらも好きですが、今はクールなカンジに染まってみようと思っています(笑)

悪かった点

悪かった点
  1. 職場が遠い

悪かった点は、この一点に尽きます。

自宅から職場まで電車40分と徒歩15分で約60分かかります。前職では30分弱だったので、だいぶ延びました。

やはり通勤時間はムダでストレスも溜まりますし、コロナ禍でそんなに電車には乗りたくありません。

短くできることに越したことはないと思います。

在宅勤務を推奨しているため、週1~2回の出社でOKになっています。とても助かっています。

転職後の変化

転職後は、いくつもの変化がありました。

転職後の変化
  1. 子供と遊ぶ時間が増えた
  2. 睡眠時間が増えた : 6⇒7時間
  3. 勉強時間が増えた : 資格試験、読書など
  4. 在宅勤務が増えたため、家の環境を気にするようになった : PC環境、イス、クッションなど
  5. ちょっと健康になった気がする(笑)

列記できることは他にもありますが、とにかく良い変化が起きていると思います。

平日に子供と夜ゴハンを食べることができるのはめちゃめちゃ嬉しいです。

妻からもかなり反響がありました。

在宅勤務で残業をしても、通常業務⇒家族で夜ゴハン⇒残業のように、

一緒に食事ができるので、前職の残業一人メシとテンションが全く違います!!

まとめ

もう一度、言いますが・・・

転職して正解でした!!

ですが、一年後も同じコト言えるように、成果を出し、チームに貢献し、ポジションを作っていきたいと思っています。

キャリア採用は同期がいないので、孤立してしまう可能性があります。

仕事で成果を出し、チームに溶け込み、ポジションを作っていくことが一番重要です。

今後も程よく頑張っていきます。

今回もご覧頂き、ありがとうございます。

次回も宜しくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました